Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/muku6bou9/magaricad.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

子どもたちよ!死ぬな!

教室新学期が始まると子供の自殺が多くなるというニュースを見た。
本当に悲しいニュースでもったいないなぁと思う。

大人になったから今だから分かるんだけど、子供時代なんてつまらないよ。

私の好きな中島らもの『今夜、すべてのバーで』という小説の中にこんな一節がある。
主人公はアルコール依存症になり肝臓を悪くして入院する。
その病院で綾瀬くんという17歳の病弱な少年と同室になる。
その綾瀬くんが亡くなった夜、主治医の赤河は主人公にこう語りかける。

子供なんてのは、人生の中で一番つまらいことをさせられてるんだ。
私だって17までに面白いことなんか何ひとつもなかった。
面白いのは大人になってからだ。
ほんとに怒るのも、ほんとに笑うのも、大人にしかできないことだ。
なぜなら、大人にならないと、ものごとは見えないからだ。
小学生には、壁の棚の上に何がのっかてるかなんて見えないじゃないか。そうだろう?

なのに、なんで子供のうちに死ななくちゃならならんのだ。
つまらない勉強ばっかりさせられて、嘘っぱちの行儀や礼儀を教えられて。
大人にならずに死ぬなんて、つまらんじゃないか。
せめて恋人を抱いて、もうこのまま死んでもかまないっていうような夜があって。
天の一番高い所からこの世を見おろすような一夜があって。
死ぬならそれからでいいじゃないか。そうだろ。違うかい?

これに全く同意。
今死ぬなんて本当にもったいない。
今悩んでるあなたには想像できないかもしれないけど、これから先に楽しいことがいっぱいあるよ。
好きな人ができて恋愛をして、子供時代には出会えなかったような気の合う友達ができる。
誰にもとがめられずに好きなことができる(合法の範囲で)。

それを捨てるなんてとんでもない!
それを体験するまでに死ぬのは本当にもったいない。

他のことはしてもいいけど自殺しては絶対にだめだ。

いきなり授業中に「私をいじめるのをやめろ!」とわめいてやればいい。
親に「いじめに悩んでいて本気で死のうと考えている」とはっきり伝えたらいい。
いじめっ子をひっぱたいてやればいい(怪我しない程度に)。
担任が何もしないなら担任以外の先生全員にいじめのことを言えばいい。
保健室の先生に相談してみればいい。
学校に行くふりをしてサボってみればいい。

どれも死ぬよりは1万倍マシ。


PAGE TOP