Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/muku6bou9/magaricad.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

江頭2:50の「ドーン!カレー」は贈られるために存在する

ドーン!カレー パッケージ
ある日唐突に友人から手渡しされたカレー。
エガチャンこと江頭2:50が「ドーン!」とパッケージに大胆にフィーチャーされている。
カレーは申し訳程度に江頭2:50の背後に隠れてしまっています。
かろうじてルーが黒いということしか分からない。

スポンサーリンク

狙った暑苦しいパッケージ

ドーン!カレー パッケージ裏
裏の「ドーン!カレーの食べ方」という解説もよく分からない。
ここでも江頭2:50が「ドーン!」していることに間違いはない。
呆れたことに姉妹カレー「取って、入れて、出すカレー(チキンカレー)」もあるらしい。

中のレトルトパウチには何もプリントさせていなくてシンプル。
コストはかかるがここにも面白プリントがあればさらに良かった。

率直な味の感想


早速もらった次の日に食べてみた。
味は正直う~ん。。。
味の好みって人によって違うしね!
シンプルで辛いカレーが好きな男性にはウケる味なのかもね?
辛さの中に少し酸味があるような?表現しづらい味。

牛スジが3切れぐらいしか入っていなくて具が少ないよ!
具が少ないのでご飯に対しルーが異様に余ってしまったのがかなしい。

ネットで調べてみたらこのカレー、何と648円もすることが判明!
高いわ!ハウスのカリー屋カレーのレトルトが6つ買えるやんか。
お値段高めなのはパッケージの江頭2:50のロイヤリティなんだろう。

江頭2:50カレーの存在意義について考える

食べ終わって再びカレーのパッケージを眺めてみる。
これが店頭にあったら自分は買うだろうか?
ウケるだろうけど買わない。
でもプレゼント用ならウケ狙いでアリかもしれない。
それなら648円という価格は安すぎず高すぎず、ちょっとしたプレゼントとしていい値段だ。
そういう目的で開発された商品のような気がしてきた。

江頭2:50カレーをプレゼントするのにふさわしいシチュエーション

飲み会・ビンゴの景品に
景品としての価格も適正で場が盛り上がるのでぴったり。
何もないときに不意打ちに渡す
今回私がプレゼントされたパターン。プレゼントされた人は意味がわからずその場でウケる。
バレンタインデー・ホワイトデーに
パンチを効かせて周囲と差を付けたいときに。
目上の人やシャレのわからない人に渡すのは避けたい。
カレーマニア・江頭2:50ファンに
どちらも普通に喜んでくれる。

これぐらいしか思いつかない…。
他にいいシチュエーションがあったら誰か教えて!

とにかくこれをくれた友人に感謝!


PAGE TOP