Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/muku6bou9/magaricad.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 477

清潔感のあるカプセルホテル「シェルネルなんば」に泊まってみた

シェルネルなんば難波で安くきれいで便利なホテルを探しているなら「シェルネルなんば」がオススメ!
2016年4にオープンしたばかりで施設はピカピカです。
日本橋駅から徒歩約7分で千日前にも近く便利な立地。

スポンサーリンク

カプセルホテルはこんな人におすすめ!

一人旅・出張利用
ホテルでは寝るだけという人におすすめ。
安く泊まりたい
個室がカプセルタイプなので宿泊料金が安い。
旅行の荷物を少なくしたい
パジャマ・バスタオル・アメニティーなど必要最低限のものが揃っている。

カプセルホテルをおすすめしない人

安い代わりにデメリットもあるカプセルホテル。
以下の点に気を付けて利用するか判断してください。

カップル・小さい子供がいる家族連れ
男女でフロアが分かれる。18歳未満は利用不可。
高齢者(70歳以上)・身体障害者
バリアフリー等なし。個室の上段の上り降りが危険。
セキュリティが気になる人
鍵をかけられないので私物をカプセル内に置きっぱなしにできない。
わずかな物音でも気になる人
物音やいびきが聞こえることがある。運次第。
自分のいびきがうるさいという自覚がある人
周囲の迷惑になるので利用しないほうがよいかも。
スーツケースのパッキングや整理を頻繁にする人
スーツケース置き場とカプセルのフロアが離れていて行き来が不便。
背が高い人(180cm以上)
身長163cmの私でも足を伸ばすと少々窮屈に感じた。
喫煙者
全室禁煙。

シェルネルなんばの料金は 3,800~7,200円

シェルネルなんば公式サイトから直接予約すると最安料金になります。
楽天トラベルとじゃらんからも予約できます。

【最安】スタンダードプラン(テレビ無し・朝食なし)
平日 :3,800~4,400円
休日前:5,000~7,200円
※税抜き。2016年8月時点の価格。

女性用最安プランから予約が埋まるようです。
利用を思い立ったら早めの予約をおすすめします。

シェルネルなんばのセキュリティ

まず宿泊料金を前払いするシステム。
そこでカプセルフロアに入るためのキーを渡してもらうので、部外者はカプセル内に入れません。
フロアは男性(1F)と女性(2F)で完全に分かれているのが安心です。
ロッカーカプセルエリアの手前に鍵付きのロッカーがあります。
中にタオルや室内着が入ったバックと室内用スリッパ、靴を入れるビニール袋が入っています。
貴重品ははこの鍵付きロッカーに入れると安心。
カプセル各カプセルには鍵のかかる扉はなく、ブラインド仕切ってあるだけ。
鍵をかけられないので、カプセルから離れるときに荷物をその都度鍵のかかるロッカーに入れる必要があります。
それがちょっとストレスになりました。

上段は手すりを掴んで出っ張りを足がかりにして上る必要あり。結構危険。
そして何度も上り降りすると結構体力を消耗します。
スーツケース置き場スーツケース置き場は1階のフロント奥のスペース。
チェーンロックは貸出ししてくれます。
ただし、カプセルフロアから離れているので荷物の整理で往復するのは面倒。

シェルネルなんばのカプセルの広さ・設備など

カプセル内部内部は明るくてリネン類も清潔。
羽布団もあるので寒がりさんも安心です。(暑がりの人には邪魔かも)
女性のカプセルには小さい鏡が付いています。
枕元にコンセントがあり、スマートフォンを充電しながら寝転んで使えます。

カプセルの大きさは奥行き約2m・高さ約1m・幅約1mで、畳1畳分より少し大きいスペース。
幅や高さは問題なし。
奥行きは身長163cmの私でも足を伸ばすとギリギリでした。
背が高くて足を伸ばさないと眠れない人にはちょっと厳しいかも。

テレビ付き・テレビ無しのカプセルが選べます。
テレビ付きのカプセルが無しより200円高くなっています。※2016年8月時点

シャワー&パウダールームは清潔でアメニティーも充実!

バス・洗面台衛生施設は新しく清掃が行き届いています。
シャワールームは個室になっています。
シャワールーム内にはシャンプー・トリートメント・ボディーソープが完備。
洗面所洗面台には洗顔料(ハンドソープと兼用)・クレンジング・化粧水・乳液・シャワーキャップ・ヘアゴムまで用意されていて至れり尽くせり。

手ぶらでOK!?ほとんど何でも揃ってます

タオル・アメニティーロッカーの中に用意されているアメニティーバッグの中にはバスタオルとフェイスタオル。
さらに歯ブラシ・クレンジング・ボディースポンジまで用意されています。

部屋着服のまま眠るとシワになってしまう…。という心配も無用!部屋着まであります。
ちょっと上着がほつれたりしているけど、カプセル内で着るだけなので気にしない!

これだけあればほぼ手ぶらで泊まれます。
特に残業で終電を逃したり、急な出張で利用する女性にはありがたい心使いです。

シェルネルなんばの雰囲気

私が利用した時、利用客は日本人と中国人観光客が半々という感じでした。
中国人観光客の方が騒がしくするかも…と心配でしたが、静かに過ごすことができました。
カプセルの壁は厚いわけではないので、隣の音は結構聞こえます。
静かな人に当たるかうるさい人に当たるかは運次第でしょう。

デメリットも十分に理解して利用するとカプセルホテルはコスパが高くおすすめですよ。


PAGE TOP