Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/muku6bou9/magaricad.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

小耳袋「幽霊のリアルな見え方」

怪談ライブで聞いた公に発表できない話、印象に残った話などを忘備録もかねて共有・紹介していこうと思います。
名付けて「小耳袋」。お楽しみいただけたら幸いです。

10年以上前(2006年ごろ)に怪談ライブで聞いた話。

中山市朗氏がある映画監督から聞いた話。
その監督がホラー映画を撮影していたときのこと。
幽霊役に子役の女の子を起用した。
あるシーンで、幽霊役の女の子が窓の外に立つ場面を室内から撮影することになった。
しかし、撮影と子役の女の子のスケジュールがどうしても合わない。
やむを得ず、監督は女の子の等身大の写真をプリントし、それを窓の外に立てるという形で撮影をした。
撮影は無事終了し、その映画は公開された。

あるとき、監督はその映画を観た人から感想を聞く機会があった。
その人は実際によく幽霊を見るのだという。
「窓の外に女の子の霊がぼーっと立つシーン、すごいですね。あれはかなりリアルに見えました。」
監督がそのときの撮影の事情を説明すると、
「幽霊って厚みがないように見えるんですよ。だからリアルに見えたんですね。」とその人は納得した。

霊感が全くない人が聞くと「へぇ~」と感心する話。

だいぶ前に聞いた話なので、件の映画監督の名前がうろ覚えです。
確か清水崇監督か黒沢清監督だっと思います。(違ったらゴメン)
監督の名前もうろ覚えなので、もちろん映画の名前も分かりません。
私は霊感0ですので、幽霊の見える人が「これだ!」というリアルな見え方をその映画で確認してみたいです。

この話を聞いたのが2006年ごろなので、「呪怨」の後、2001~2005年の間に公開された映画ではないかと思います。
「その映画観たよ、知ってるよ!」という方、ぜひ教えてください。

スポンサーリンク

追記

この映画は黒沢清監督の「降霊 KOUREI」ではないかという親切なコメントをいただきました。
黒沢清監督 降霊 KOUREI
わざわざ教えていただいてありがとうございました!
このリアルな幽霊のように見えるシーンを探してみたいと思います!

小耳袋の他の話もどうぞ

  • 小耳袋「人気芸人Tに憑いた生霊」

    リンク
  • 小耳袋「幽霊のリアルな見え方」

    リンク
  • 石灯籠

    小耳袋「石灯籠の呪い」

    リンク
  • カラオケボックスの怪

    小耳袋「カラオケ店の怪」

    リンク
  • 富士の樹海

    小耳袋「平山夢明の樹海一人合宿」

    リンク
  • 新耳袋 八甲田山

    小耳袋「新耳袋 八甲田山」のタブー

    リンク
  • 新耳袋のタブー

    小耳袋「新耳袋 呪い・因縁」のタブー

    リンク
  • 大阪 梅田 ディアモール

    小耳袋「ディアモールの怪 その一」

    リンク
  • 大阪 梅田 ディアモール

    小耳袋「ディアモールの怪 その二」

    リンク
  • 霊園 墓地

    小耳袋「東幹久が目撃した這う女」

    リンク
  • 恐山 賽の河原

    小耳袋「帝都物語作者 荒俣宏と真夜中の恐山」

    リンク
  • 恐山 イタコ

    小耳袋「北野誠と恐山のイタコ」

    リンク
  • 狐

    小耳袋「狐に化かされた人の行動」

    リンク
  • 奄美大島 山の神

    小耳袋「古老が見た奄美大島の山の神」

    リンク
  • 落語家の怪談

    小耳袋「笑福亭純瓶 見えないお客さん」

    リンク
  • 落語家の怪談

    小耳袋「笑福亭純瓶 生駒トンネル」

    リンク
  • 新耳袋 八甲田山

    小耳袋「八甲田山 帰ってきた第5連隊」

    リンク
  • 新耳袋 小人

    小耳袋「緑色の小人」

    リンク

PAGE TOP